FC2ブログ


競走馬血統用語一覧

競走馬血統用語一覧

三大始祖

ニックス

インブリード

アウトブリード

ファミリーナンバー

ファミリーライン

サイアーライン

ブルードメアサイアー

競走馬の血統
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ファミリーナンバー

ファミリーナンバー(wikiより転載)
ファミリーナンバー(Family Number)とは、サラブレッドの分類方法の1つ。それぞれ属する牝系ごとに1から74号などの番号が付けられており、同じファミリーナンバーに属する馬なら全て同じ基礎牝馬に遡ることができる。例えばディープインパクト(2号族のf分枝)とノーザンダンサー(2号族のd分枝)はどちらも20-30代遡れば17世紀のバートンバルブメア(Burton Barb Mare)と呼ばれる一頭の牝馬にたどり着く。

ウィキペディアでは今のところファミリーナンバーを競走馬の血統表の右下に記している。例えばナリタブライアンの血統表の右下にF-No.13-aと記されているが、これは13号族のa分枝という意味である。スペースの関係からF.13a等のように表記している箇所もある。


歴史
1895年、オーストラリアのブルース・ロウ(Bruce Lowe)は著書『フィギュアシステムによる競走馬の生産』の中で、当時のサラブレッドをイギリスのジェネラルスタッドブックの1巻に記載されている牝馬(ロイヤルメア)まで母方を遡り、イギリスの根幹競走であるエプソムダービーとセントレジャーステークスとオークスの優勝馬の数が多い系統順に並べ、多いものから1~43号の番号(フィギュア)をつけた。そして特に優れた競走馬が多く属する系統として1~5号を競走族、優れた種牡馬が多く属する3・8・11・12・14族を種牡馬族と呼び、必ずしも競走能力の優秀さと種牡馬能力の優秀さが相関関係にないことを明らかにした。

1953年に、ポーランド人のカジミエシュ・ボビンスキー(Kaziemierz Bobinski)がこのファミリーナンバーに基づいて過去からそれまでのすべての系統を網羅した『ファミリーテーブル』を著し、世界中の主要競走の優勝馬の血統と主な成績を牝系別に示した。彼とその後の研究により、ファミリーナンバーは2006年3月時点で74号までが確認されているが、公式に認められているのは51号まで。1745年生まれのセリマのように、その後の研究によって別のファミリーに属するとしてファミリーナンバーが変更になったものもある。

ボビンスキーは1~23号の子孫はあまりにも増えたため、アルファベットをつけて細分化し、1号族は aからwまでに分けた。qとvは欠番となっている。これらを通常「1-a」、「1-b」、「1-c」のように表す。現在は、通常これらの系統が分岐する牝馬の名をつけて呼称し、もともとの1号族まで遡って系統をひとくくりにすることは稀である。たとえば14号族は14-aから14-fまでに分かれ、このうち14-cは1901年生まれのプリティーポリーを祖とすることから「プリティーポリー系」と呼ぶ。またこの子孫も分化が進んでいることから、「ノーザンテーストの母レディヴィクトリアは、プリティーポリー系(14-c族)の分岐の一つで、シスターサラを経てモリーデスモンドに遡る系統」などと表現する。アメリカでは、ボビンスキー以降に繁栄して拡大した牝系にアルファベットを追加して付与することも検討されているが(具体的にはラトロワンヌの系統を1-xとすること)、ファミリーテーブルの第4版ではこの追加はなされていない。

アメリカでは南北戦争の混乱期に血統書が失われたりしてジェネラルスタッドブックに遡ることができない系統もあり、アメリカ独自のアメリカンスタッドブックを元に分類されている。これらの系統はアメリカンナンバーとしてAをつけて表し、A1からA37までが公式に認められている。そのほかA38、A39、a40からa79までが未公認の系統として存在する。なお、A4ファミリーはこれらの牝系の中で最も成功しているが、実は21号族の牝馬に遡るというのが有力な説となっている。

オーストラリアとニュージーランドではアメリカ同様にジェネラルスタッドブックに遡れない系統はコロニアルナンバーとしてCをつけて表し、C1からC35が公式に認められている。そのほかc36からc72までが未公認の系統として存在する。

このほか、イギリスの半血馬の血統書に遡るB1からB26(ブリティッシュ・ハーフブレッド)、アルゼンチンのAr1、Ar2、ポーランドのP1、P2、ウルグアイのUr1の系統が公式に存在する。日本にも濠サラの子孫などの独自の系統が存在するが、国際的に公式な系統として認められていないため、番号による分類はされていない。これらの系統は国際血統書委員会(International Stud Book Committee)が管理をしている。


意味
ブルース・ロウが創出した競走族や種牡馬族といった概念は、現在ではほとんど重要視されない(競走族の2号族からノーザンダンサーなどの大種牡馬が出現したり、2号族(競走族)と8号族(種牡馬族)のミトコンドリアDNA (mtDNA) が同じだったりする)。また、彼の分類によれば、ファミリーナンバーの少ないほど優れた競走能力を示すサラブレッドが多く、43号族が最も劣ることになるが、理論の発表から100年以上もたった現在ではファミリーナンバーの少なさと競走能力の相関関係はほとんど重要視されない。現在では勢力順位の入れ替わりも見られ、ブルース・ロウ当時の勢力(頭数ベース)は2号族>3号族>1号族(クラシック勝利数ベースだと1号族>2号族>3 号族)であったが、1995年現在、1号族>9号族>4号族となっている(1号族はここ250年ほどに渡って常に拡大傾向にあり、全サラブレッドに占める割合は20%に近づきつつある)。

一方で、細胞質は母から子へのみ伝わることが明らかになると、「持久力の原動力はミトコンドリアをはじめとする細胞質である」として、ファミリーを重要視する者もいる。サラブレッドを含むイエウマ (Equus caballus) のゲノムは、31対の常染色体とX染色体、Y染色体、mtDNAの、計約2.7GbpのDNAより構成されるが、この内mtDNA (16.7kbp) が母系に付随して継承されることが分かっている。mtDNA上には核遺伝子(ゲノムサイズ約2.7Gbp、ORF約2.1万(解析途中の概算))に比べると非常に小さいものの、その環状DNA中にはATP合成に関わる13種のタンパク質、それらタンパク質の合成に関与する24種の非コードRNAが含まれており、実際にこれらのハプロタイプが能力に影響するかもしれないとする研究例もある。ただし20-35%程度の割合で系図に誤りが見つかっていることから、ハプロタイプ=ファミリーナンバーがそのまま適用できるわけではないという問題がある。

いずれにせよ、ファミリーナンバーはサラブレッドを整理分類する上で非常に便利なため、広く普及している。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



ファミリーライン

ファミリーライン(wikiより転載)
ファミリーライン(Family line)、あるいはメアーライン(Mare line)、母系(ぼけい)または牝系(ひんけい)とは、馬における母方の系図(家系)のことをいう。起点となる牝馬の名を取り「~系」と呼ぶ。同様に父系のみに焦点をあてたサイアーライン(メールライン)がある。

競走馬の血統においては、その近親関係は母系を基準に考えられる。生産の現場では牝馬の質の良否がそのまま死活問題となるという事情から、ファミリーが特に重要視され、多くの活躍馬を送り出すファミリーについては一種のブランド化することもある。また逆の例もあり、1989年のエクリプス賞年度代表馬を受賞したサンデーサイレンスは、父に大種牡馬ヘイローを持ちながら他の近親に活躍馬が皆無であったため、種牡馬として人気が出ず、日本へと売却された。

現存するファミリーラインの多くは、その血統を遡るとロイヤル・メアと呼ばれるイギリス王室所有の繁殖牝馬群に行き着くが、これらについてはその素性・由来がはっきりしておらず、今なお議論の対象となっている。また、血統表の紛失などで血統を遡れないものもおり、日本ではミラとその子孫がよく知られている。こうしたものは姿形・能力から「サラブレッドと思われる」という推測がなされ、「サラブレッド系種」という特殊な位置を与えられた。詳細は同項を参照のこと。


おもなファミリーライン
世界の牝系
* ポカホンタス系
* プリティーポリー系
* ラトロワンヌ系
* レディジョセフィン系
o ムムタズマハル系
* クリムゾンセイント系

日本の牝系
* 高砂系
* 小岩井農場の基礎輸入牝馬
o ビューチフルドリーマー系
o フローレスカップ系
+ シラオキ系
o アストニシメント系
+ アサマユリ系
* 英月系
* オーバーヤン五ノ七系
* 月丘系
* スタイルパッチ系
o ミスナンバイチバン系
* シェリル系
* アマゾンウォリアー系
* スワンズウッドグローヴ系
* ソシアルバターフライ系
* ファンシミン系
* スカーレット一族(スカーレットインク系)
* 華麗なる一族(マイリー系)
* 薔薇一族(ローザネイ系)
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



サイアーライン

サイアーライン(wikiから転載)
サイアーライン(Sire line、父系、又はMale lineメールライン)とは、馬における父方の系図(家系)のことをいう。起点となる種牡馬の名を取り-系と呼ぶ。代表的なものを右の表に記載するが系統名はあくまで一般的なもので、固定されたものではない。同様に直系母系のみに焦点をあてたファミリーライン(メアーライン、牝系)がある。


概要
競走馬において血統は非常に重要な物であり、それを表現するために様々な手法が用いられる。サイアーラインもその一つで、特に父、父の父、3代父というように血統の父方のみに焦点をあてている。利点としては統計的にまとめやすい、10代、20代の血統を表すには他に方法がない、祖先との関係を直感的に分かりやすい等がある。反面直系父系以外を考えていないため、多くの先祖馬がいる中で父方にあたる極一部の先祖しか知る事ができないといった欠点がある。遺伝的な面からも代を経るごとにY染色体を例外として相同性が低下する。また、牝系と比較してほとんど学術的な研究が進んでいないため系図の信憑性や能力に対する実際の影響は不明である(馬において、Y染色体にはmtDNAの5倍の遺伝子が含まれるが、大半は性関連遺伝子であるため能力に対する影響はほとんどないとされる。もちろん牝馬はY染色体自体を持っていない)。

サイアーラインは公式に決まっているものではなく、大きく子孫が発展した種牡馬を起点にその子孫をまとめているだけなので、分類した人や、時代によって描くサイアーラインは大きく変わってくる事も問題である。例えば右の表にあるオーム系は、テディ系とザボス(オービィ)系に分けることの方が多いが、テディ系、ザボス系に分けると表が細分化されてしまうためそれを避けるためにここではオーム系とした。他にもナスルーラ系やノーザンダンサー系等はさらに細分化され、ミルリーフ系や、ニジンスキー系のように分けることも多い。


サイアーラインの表記法
サイアーラインでは左に行くほど世代が古く、右に行くほど世代が新しい。また対象の先祖馬は対象の上の行に書く。ここでは説明のため馬の名前をA,B,Cで表す。

* A
o B

このサイアーラインではAはBの一マス左上にあるので世代が一つ古い先祖馬ということが分かる。つまりAはBの父。


次にBの産駒Cを加えると

* A
o B
+ C

と拡張できる。


次にAに複数の産駒がいる場合を考える。

* A
o B1(Aの産駒)
+ C1(B1の産駒)
o B2(Aの産駒)
+ C2(B2の産駒)
o B3(Aの産駒)

この場合C1の父はB1、B1の父はA、C2の父はB2と分かるが、B2の父はC1、B1ではなくAである。B1、B2、B3ともにAの産駒となる。


馬名と併せてその馬の誕生年(西暦)が記載されるのが一般的である。


サイアーラインに記載される馬
競走馬の繁殖は人間によって厳密に管理されるわけであるから、生誕した馬の父馬は当然ながら明確に判明しているので、すべての競走馬はサイアーラインの図のなかに記載することができる。しかし、生誕した全ての競走馬を記載すると、当然のことながらサイアーラインがあまりにも膨大な量となるため、書籍やネットなどで一般的に作成されているサイアーラインでは、記載する馬の範囲をある程度限定してサイアーラインの図を作成している。

どの馬をサイアーラインに記載するかというのは、作成者の考え方次第のところがあって一般論として厳密には説明しがたい部分があるが、概ね次の2つの考え方でサイアーラインに記載される馬が絞り込まれているといえるであろう。

1.種牡馬実績

サイアーラインというのはある馬の父、その父、さらにその父と父系をたどっていく図であるから、種牡馬として子孫を残せなかった馬は記載する必要は無い、という考え方で、種牡馬実績のある馬のみをサイアーラインに記載する。従ってこの考え方では、どれほど競走馬として活躍し非常に著名な馬であろうが、牝馬、セン馬、また種牡馬になれなかった牡馬は、サイアーラインに記載されることはない。

2.競走実績なども加味

牝馬、セン馬、また種牡馬になれなかった牡馬などは、その馬自身は父親として子孫を残せなかったとしても、その馬にも当然ながら父馬がいるわけだからサイアーラインに記述するべきだと考え方で、競走実績なども加味して比較的著名だと思われる馬を、種牡馬として子孫を残したか否かを問わずサイアーラインに記述する。ただし、牝馬やセン馬についてはそれが明示がされるのが通常である。

ウィキペディアでは、上記のテンプレート表にある各系統のサイアーラインについては、種牡馬として子孫を多く残した馬だけでなく、競走実績などの要素も加味して、比較的著名と思われる競走馬は種牡馬実績があるか否かに関わらず記載している。当然のことながら全ての種牡馬を記載することはページ容量などの観点から有益ではないため、種牡馬であったがそれほどの繁殖実績があげられなかった種牡馬は記載していない。


牝馬の表記形式
A(牡馬)に3頭の産駒B1(牡馬)、B2(牡馬)、B3(牝馬)がいて、B1に1頭の産駒C1(牡馬)、B2に1頭の産駒C2(牝馬)がいるとする。

①牝馬を区別せず表記する形式

* A
o B1
+ C1
o B2
+ C2(牝)
o B3(牝)

②牝馬を区別して表記する形式

* A→B3
o B1
+ C1
o B2→C2

③牝馬は一切表記しない形式

* A
o B1
+ C1
o B2

一般的にはサイアーラインでの牝馬の表記は、①の牝馬を区別せず表記する形式が取られているが多い。その際には牝馬であることを明確に示されるのが通常である。③の牝馬は一切表記しない方式も時々見られる。上述した、種牡馬実績でサイアーライン記載の絞り込みをする考えでは、牝馬は当然サイアーラインに記載されることはない。

ウィキペディアでは、上記のテンプレート表にある各系統のサイアーラインでは、②の牝馬を区別して表記する形式で記載している。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



ブルードメアサイアー

ブルードメアサイアー(wikiより転載)
ブルードメアサイアー(Brood Mare Sire)とは、競走馬の母馬の父馬、人間でいう母方の祖父にあたる馬のこと。

解説
「ブルードメア」は繁殖牝馬を意味し、「サイアー」は種牡馬を意味する。「母の父」ともいう。また頭文字をとってBMSと略されることも多い。

競走馬生産者の間では、父馬、母馬のほかにブルードメアサイアーの能力も競走馬の能力に影響を及ぼすとされ、ブルードメアサイアーとしての勝利回数、入着賞金額を集計したランキングも存在する。

日本における優秀なブルードメアサイアーとしては古くはトウルヌソル、ヒンドスタン、近年ではノーザンテースト、マルゼンスキー、トウショウボーイ、トニービン、サンデーサイレンスなどが挙げられる。


歴代リーディングブルードメアサイアー
サラブレッド系
年 日本
1990年 ノーザンテースト
1991年 ノーザンテースト
1992年 ノーザンテースト
1993年 ノーザンテースト
1994年 ノーザンテースト
1995年 ノーザンテースト
1996年 ノーザンテースト
1997年 ノーザンテースト
1998年 ノーザンテースト
1999年 ノーザンテースト
2000年 ノーザンテースト
2001年 ノーザンテースト
2002年 ノーザンテースト
2003年 ノーザンテースト
2004年 ノーザンテースト
2005年 ノーザンテースト
2006年 ノーザンテースト
2007年 サンデーサイレンス
2008年 サンデーサイレンス
2009年 サンデーサイレンス
2010年 サンデーサイレンス

※中央競馬のみの集計では1990年はファバージ、2006年はサンデーサイレンス。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



 | 名馬列伝~動画~ 競馬の名動画まとめtopへ戻る |  次のページ»

全ての記事を表示する


3冠馬動画 (4)
オルフェーヴル 3冠動画 (1)
競走馬別動画 (90)
サイレンススズカ動画 (7)
ディープインパクト動画 (15)
トウカイテイオー動画 (13)
エアグルーヴ動画 (11)
タイキシャトル動画 (6)
サクラバクシンオー動画 (8)
ミホノブルボン動画 (10)
エルコンドルパサー動画 (8)
フサイチコンコルド動画 (2)
キングカメハメハ動画 (5)
クロフネ動画 (5)
外国馬動画一覧 (10)
デインドリーム動画 (5)
ロケットマン動画 (3)
スノーフェアリー動画 (2)
レース動画 (73)
スプリンターズステークス動画 (13)
秋華賞動画 (9)
菊花賞動画 (15)
天皇賞秋動画 (18)
エリザベス女王杯動画 (9)
凱旋門賞動画 (9)
2011 JRA CM 動画 (11)
競馬予想サイト登録レビュー (1)
競馬ニュース (2636)
競馬用語 (26)
血統関連 (10)
レース関連 (12)
走法 脚質 (3)
未分類 (0)
名馬ランキング (2)




名馬グッズはこちら

名馬列伝~動画~

Author:名馬列伝~動画~
名馬の動画まとめブログ