天皇賞秋動画一覧

天皇賞秋動画一覧

2011年 天皇賞秋 トーセンジョーダン

2010年 天皇賞秋 ブエナビスタ

2009年 天皇賞秋 カンパニー

2008年 天皇賞秋 ウォッカ

2007年 天皇賞秋 メイショウサムソン

2006年 天皇賞秋 ダイワメジャー

2003年 天皇賞秋 シンボリクリスエス

1999年 天皇賞秋 スペシャルウィーク

1998年 天皇賞秋 オフサイドトラップ

1997年 天皇賞秋 エアグルーヴ

1996年 天皇賞秋 バブルガムフェロー

1996年 天皇賞秋 ネーハイシーザー

1993年 天皇賞秋 ヤマニンゼファー

1992年 天皇賞秋 レッツゴーターキン

1991年 天皇賞秋 プレクラスニー メジロマックイーン降着

1989年 天皇賞秋 スーパークリーク

1988年 天皇賞秋 タマモクロス


天皇賞秋説明(wikiより転載)
天皇賞(秋)(てんのうしょうあき)とは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2000mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。

正式名称は「天皇賞」であるが開催時期からJRAが「天皇賞(秋)」と表記しており競馬ファンや競馬関係者の間では「秋の天皇賞」「秋天」「秋の盾」と呼ばれ、また東京競馬場で行われることから「府中の盾」とも呼ばれている。


概要

1937年に4歳(現3歳)以上の牡馬・牝馬(外国産馬含む)限定の定量の重賞競走帝室御賞典(秋)として開催。秋の競走としての第1回は東京競馬場の芝2600mで施行され、古馬の最強馬決定戦として位置付けられた。

1938年からは施行距離を芝3200mに、出走資格を5歳(現4歳)以上に変更。1944年・1945年の2年間は太平洋戦争の影響で開催中止となり1946年は開催されず、1947年からは再び宮内庁から天皇賞を下賜された事により名称が「天皇賞(秋)」に変更された。

1967年は東京競馬場の改修工事により中山競馬場の芝3200mで施行。1971年からは6月30日から実施された活馬(生きている馬)の輸入自由化に伴い外国産馬の出走ができなくなった。

1981年からジャパンカップの新設に伴い10月に施行が早められ、また勝ち抜け制度が廃止され天皇賞に1度優勝した競走馬も再び出走が可能になった。

1984年からはグレード制施行によりGIに格付けされジャパンカップとの連戦が難しいという声に応えるためと天皇賞(春)との差別化を図る目的から、施行距離を芝2000mに変更。これによりジャパンカップへのステップレース及び中距離の最強馬決定戦として位置付けられる事になった。ただしこの変更は計画当時は競馬ファンや一部競馬サークルからの反対もあった[2]。

1987年からは出走資格を4歳(現3歳)以上牡馬・牝馬に変更され、また天皇賞50周年を記念して当年のみ「天皇賞競走施行50周年記念」の副称が付けられて施行された。1995年からは指定競走に指定となり、オールカマー・毎日王冠・京都大賞典で2着以内に入賞した地方所属の競走馬にも出走資格が与えられた。

2000年からは秋の古馬三冠制度施行によりジャパンカップ・有馬記念と共に三冠競走とされ、この年から3競走を全て優勝した馬に褒賞金が設けられるようになった。また外国産馬の活躍による出走枠の見直しの一環により総収得金額順上位2頭まで出走可能になったが、、2002年からはフルゲートにならなかった場合に限り4頭まで出走できるようになった。2004年からは外国産馬の出走枠が5頭に拡大し、2005年からは国際競走に指定され、外国産馬の出走枠制限が撤廃され外国調教馬が5頭まで出走可能になった。

2002年は東京競馬場の改修工事に伴い中山競馬場の芝2000mで施行。2004年は「日本中央競馬会創立50周年記念」の副称が付けられて施行。当年のみ天覧競馬でもあったことから「エンペラーズカップ100年記念」の副称が付けられて施行された。2008年には天皇賞(春)と同様、せん馬も出走可能になった。

春の天皇賞が古馬の芝3200mで施行するのとは違い3歳(旧4歳)以上で更に現代競馬では主流ともいえる芝2000mで施行される事からマイラーからステイヤーまで多くの有力馬が出走し、ジャパンカップや有馬記念を凌ぐ豪華なメンバーが揃う事が多々ある。また3歳(旧4歳)馬もクラシック登録なしでも出走可能であることや、馬の疲労や距離適性を考慮してレースを選択するという近代競馬の価値観の流れから菊花賞の芝3000mの距離を嫌い出走してくる傾向が増えている。ほかにもマイルチャンピオンシップ等、短距離路線へのステップとして出走したマイラー競走馬が好走する傾向がありマイルGI優勝馬が優勝することもある。またエリザベス女王杯の古馬開放後は、牝馬の出走頭数が少なくなったものの、ウオッカやブエナビスタなど牡馬と互角以上の実績を持つ牝馬が出走してくる傾向にあり、ここを優勝した牝馬はいずれも秋古馬三冠路線を歩んでいる。

距離短縮前は第52回でシンザンが1番人気で優勝した後、1番人気が18連敗したこともあった。距離短縮後は第96回でニッポーテイオーが1番人気で優勝した後、第122回でテイエムオペラオーが優勝するまで1番人気が12連敗し、その間には第104回で1位入線した1番人気メジロマックイーンが進路妨害で最下位(18着)降着処分を受け、第118回では圧倒的1番人気に支持されたサイレンススズカが3コーナーの大欅向こう側過ぎで粉砕骨折を発症し予後不良となるなどの悲劇も起こっている。しかし2000年以降、テイエムオペラオー以外に第128回(シンボリクリスエス)、第130回(ゼンノロブロイ)、第136回(メイショウサムソン)、第138回(ウオッカ)、第142回(ブエナビスタ)と1番人気の馬が5回勝っている。

出走資格は3歳(旧4歳)以上の競走馬(外国産馬含む)及び出走条件を満たした地方所属の競走馬と外国調教馬(9頭まで)。種牡馬又は繁殖牝馬選定競走の位置付けにある為騸馬は出走できなかったが、2008年より出走可能となる。

負担重量は定量で3歳は56kg、4歳以上は58kg、牝馬は2kg減である。

総額賞金は2億5120万円で1着賞金1億3200万円、2着賞金5300万円、3着賞金3300万円、4着賞金2000万円、5着賞金1320万円と定められている。

現在の優勝レイは紫地に金文字である。配色自体は春施行のものと同じだが、開催競馬場における発注業者の違いから春秋でデザインが大きく異なる。

2008年度における、当競走当日の東京競馬場の開門時刻は午前7時55分であった。


コース

東京競馬場の芝2000mで第1コーナーのポケットの奥から発走。スタートから第2コーナーまでの距離が短くコーナーの曲率半径も小さいため、外枠(特に大外枠)に入った競走馬はスタート後にロスをしやすい。2003年に第2コーナー及びポケットの形態が改修されたもののコース形態全体としては依然としてスタートから第2コーナーまで約118mしかなく、このため外を大きく回らされることによる距離損をしたくない外枠の馬と馬群の中や後方を走らされることを嫌う内枠の馬がゴチャつきやすいため騎手始め関係者からはコースに対し苦言が出ていた。改装前の1991年には外枠にいたメジロマックイーンがスタート後に内側へ斜行し1位入線も18着に降着処分になったという経緯がある。特に大外枠発走の馬は大変な不利だとされており、2000m施行後に大外枠で優勝したのは1986年のサクラユタカオーが大外16番枠で勝った例と(この年は出走16頭)2003年にシンボリクリスエスが大外18番枠で勝った例の2回だけである。

また、かつて第3コーナー入口付近から発走していた芝3200mコースでも「府中のコースと距離適性が無いと人気馬でも負ける」とされており、天馬・トウショウボーイが敗れた例や逆にプリテイキャストが距離適性を生かした大逃げで波乱を起こした例はその典型である。芝2000mに短縮されてからは距離適性が及ぼす影響は小さくなったが、府中のコースを苦にする馬は相変わらず凡戦している。

大レースは枠順による有利不利が起こらない条件で行うべきであると考えていた大川慶次郎は生前このような状況を予測して3200mから2000mに短縮される際に最後まで反対意見を唱え、その後も中山競馬場で施行することを主張していた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



エリザベス女王杯動画一覧

エリザベス女王杯動画一覧

2011年 エリザベス女王杯 スノーフェアリー

2010年 エリザベス女王杯 スノーフェアリー

2009年 エリザベス女王杯 クイーンスプマンテ

2008年 エリザベス女王杯 リトルアマポーラ

2007年 エリザベス女王杯 ダイワスカーレット

2006年 エリザベス女王杯 フサイチパンドラ カワカミプリンセス降着

1994年 エリザベス女王杯 ヒシアマゾン

1993年 エリザベス女王杯 ホクトベガ


エリザベス女王杯説明(wikiより転載)
前身の「ビクトリアカップ」は牝馬の菊花賞に位置付けられるものとして1970年から行われていたが1975年にエリザベス女王が来日したことを記念し、翌1976年に新たに「エリザベス女王杯」が創設されてビクトリアカップは廃止された。競走名の改称が行われた場合は通常施行回数は引き継がれるがエリザベス女王杯は事実上は改称ながら形式としては新設の競走とされたため、1976年のエリザベス女王杯が「第1回」となっている(実質は改称だが施行回数がリセットされた例はほかにはペガサスステークス→アーリントンカップがある)。

1995年の第20回までは京都競馬場の芝2400mで施行され牝馬三冠レースの最終戦であった。ただし桜花賞・優駿牝馬(オークス)とは違い英国競馬のクラシック競走に範を取った競走ではないため、クラシック競走には位置付けられていない(これは秋華賞も同様である)。

1996年、秋華賞の新設に伴い芝2400mから芝2200mに距離が短縮されると共に古馬牝馬も出走が可能になり、これまで古馬になると牡馬と戦うしかなかった牝馬最大の目標の1つとして定着、3歳牝馬三冠路線組も合わせ牝馬の一線級が一堂に会する競走となった。また1995年以降JRAの方針によりGI競走が地方馬にも開放され秋華賞・京都大賞典・府中牝馬ステークスのいずれか2着以内の地方馬には出走資格が与えられることになり、更に1999年からは外国馬も出走可能となり、2008年からはジャパン・オータムインターナショナルシリーズに指定されている。

なお2006年には春季に古馬牝馬限定のGI競走としてヴィクトリアマイルが新設されたため、春秋それぞれに古馬牝馬が出走可能な牝馬限定GI競走が存在することとなった。

出走資格はサラブレッド系3歳(旧4歳)以上牝馬のJRA所属の競走馬、JRAのGI競走、指定された海外国際G1競走、地方競馬のダート交流GI競走優勝馬(2歳限定戦を除く)、及び外国調教馬(9頭まで)。

負担重量は定量で3歳54kg、4歳以上56kgである。

2011年度現在の総額賞金は1億7200万円で1着賞金9000万円、2着賞金3600万円、3着賞金2300万円、4着賞金1400万円、5着賞金900万円と定められている。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



2011年 エリザベス女王杯 スノーフェアリー

2011年 エリザベス女王杯 スノーフェアリー



タイム 2:11.6


にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



凱旋門賞動画一覧

凱旋門賞動画一覧

2011年 凱旋門賞 デインドリーム ナカヤマフェスタ ヒルノダムール

2010年 凱旋門賞 ナカヤマフェスタ ヴィクトワールピサ

2008年 凱旋門賞 メイショウサムソン

2006年 凱旋門賞 ディープインパクト

2004年 凱旋門賞 タップダンスシチー

2002年 凱旋門賞 マンハッタンカフェ

1999年 凱旋門賞 エルコンドルパサー

1986年 凱旋門賞 シリウスシンボリ


凱旋門賞 説明(wikiより転載)
凱旋門賞(がいせんもんしょう、仏:Prix de l'Arc de Triomphe)とはフランスのフランスギャロが毎年10月の第1日曜日(ロンシャンウィークエンド2日目)にロンシャン競馬場の芝2400mで施行する競馬の重賞(グループ1)競走である。略してアルクまたはアーク(Arc)と呼ばれる。国際的に著名なスポーツの催しである。

概要
1920年に第一次世界大戦後に衰退したフランス競馬再興を掲げかつての大レースであるパリ大賞典に匹敵する大レース創設を目指しパン・ヨーロッパ(欧州一)、パン・ワールド(世界一)を目標として誕生した国際競走である。ヨーロッパのみならず世界中のホースマンがダービーステークスやケンタッキーダービーと並び憧れ、勝利を目標とする世界最高峰の競走の1つとして名を馳せている。

ヨーロッパでの競馬シーズンの終盤に開催されることから、その年のヨーロッパ各地の活躍馬が一堂に会するヨーロッパチャンピオン決定戦として実に長い間その地位を保っている。同じような位置づけの競走であるイギリスのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスはヨーロッパ上半期のチャンピオン決定戦となっているが、凱旋門賞のほうは各国のダービーなどを勝ってきた3歳馬が参加することでより高い価値を有している(日本に当てはめると、その年の総決算であるということで有馬記念と各国のチャンピオン級が集まるということでジャパンカップと両方を合わせたようなものと考えるとよい)。

全体では1996年初開催のドバイワールドカップに次いで世界で2番目の賞金額であり、2008年より芝の競走ではジャパンカップを上回り世界一総額賞金の高い競走になった(これによりジャパンカップは賞金額では世界3番目のレースとなった)。

日本でも抜群に知名度や人気の高い競走で日本の馬が海外遠征をする場合も凱旋門賞を目指す場合が多く、日本国内で最上級の活躍をした競走馬が1960年代後半からしばしば参戦している。

なお、欧州以外の国で調教を受けた馬が優勝したことはない(欧州調教師の管理下でのUAE調教馬の優勝例はある)。欧州馬以外の最高着順は、日本から出走したエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタとニュージーランドから出走したBalmerino(バルメリーノ)の2着である。


解説
同競走の出走条件は3歳以上の牡馬・牝馬で、騸(せん)馬には出走資格がない。これは同競走が繁殖馬の選定の競走と定められているためである。

負担重量は3歳牡馬は56kg、4歳以上の牡馬は59.5kg、牝馬1.5kg減と定められており(1995年以降)、3歳馬と古馬との斤量差が同時期の日本より0.5kg大きくなっている。

1着賞金は228万5,600ユーロ(約2億9000万円)、総賞金額は400万ユーロ(約5億2000万円)である(同じヨーロッパの大レースであるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの1着賞金は43万UKポンド(約6950万円))。2008年よりスポンサーがそれまでのルシアン・バリエール(フランスの代表的な高級ホテルグループ)からカタール・レーシング&エクエストリアンクラブとなり、2007年の総額賞金の2倍にあたる400万ユーロが総額賞金となった。これによりドバイワールドカップに次ぐ総額賞金の高い競走となり、芝の競走ではジャパンカップを上回り世界一総額賞金の高い競走になった。

1着賞金228万5600ユーロ、2着賞金91万4400ユーロ、3着賞金45万7200ユーロ、4着賞金22万8400ユーロ、5着賞金11万4400ユーロと定められている。フルゲートは20頭。

凱旋門賞当日はロンシャンウィークエンドと呼ばれる国際競走デーが開催され同レースをメインに7つのGI競走が施行される。


傾向
2010年までの89回中、地元の3歳馬の優勝が43回とほぼ半数を占めており近年に限っても1991年より2010年までの20年間に11勝を挙げているようにフランス調教の3歳馬が優位となっている。

近年のフランス競馬の高速化に伴い好時計で優勝する事が相次いでいるが、一方で硬すぎる馬場に対する批判も少なくない。フランスの馬場はイギリスの競馬場の馬場に比べると硬く、イギリスの競馬よりスピードが必要であるといわれている。そのため、イギリスのクラシックレースやキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを制覇した馬の最後の難関とされている。近年ダービーステークス優勝馬のニューアプローチも凱旋門賞を回避している。しかし硬いとは言っても日本やアメリカ、イタリアなどの馬場に比べればかなり重い馬場である。
海外での評価

2000年から2009年までの10年間のうち凱旋門賞優勝馬がヨーロッパ年度代表馬に選出されたのは5回と、必ずしもその年の「ヨーロッパチャンピオン決定戦」と見なされるとは限らない[5]が、他の競走と比較してその機会は多い。

一方、2008年に賞金総額が200万ユーロから倍になる前の、特に21世紀以降においては、世界の趨勢として種牡馬になる際に高額賞金の競走が多くなってきていた2000mの中距離戦や1600mのマイル戦、アメリカ合衆国のダート戦などが重視される傾向が強くなってきており、こうした競走での賞金獲得や適性を示して種牡馬価値を高めるなどのため、一部の陣営が凱旋門賞を回避し、出走馬のレベル低下が顕著で、2005~2007年に至っては、サーパーシーなどヨーロッパにおいて名を馳せていたビッグネームがことごとく出走を回避し、ヨーロッパチャンピオン決定戦などとは到底呼べない「ただのG1レース」と呼ぶべき有様となってしまった。

スポンサーを務めるカタール競馬馬事クラブによると、早ければ2018年までに賞金総額が530万ユーロまで引き上げられる。


馬券の売り上げ
長引く不況の影響からか2010年におけるフランス国内における売り上げは低迷し、インターネットを通じた香港からの馬券購入によって助けられかろうじて収益を維持している状態である。


日本での評価
日本では必ずしもヨーロッパで高い評価を得られた場合でなくとも凱旋門賞の優勝馬には大きな注目が集まり1959年以降、2008年までに15頭が種馬として輸入されている(1年間のみのリース種牡馬1頭、牝馬1頭を含む)。特に1988年以降は10年間で6頭が種牡馬として日本に輸入される人気だった。

これらのうち1959年優勝のセントクレスピンや1986年優勝のダンシングブレーヴは種牡馬としての重大な欠陥をもって輸入されたが、日本での治療により種牡馬能力を回復して八大競走優勝馬を複数出すほどの好成績を残した。最良の成績を残したのは1988年優勝のトニービンで、1994年に日本の種牡馬チャンピオンとなった。また、1994年優勝のカーネギーは日本と南半球を行き来するシャトル種牡馬となってオセアニアで活躍馬を輩出している。また牝馬の優勝馬はサンサンがただ1頭輸入され、重賞勝ち馬2頭を産んでいる。

一方、ラインゴールド、プリンスロイヤルのように不振だったものもおり中でも1995年優勝のラムタラは44億円と言う巨額のシンジケートが組まれて輸入されたものの大きく期待に反する種牡馬成績に終わった。このラムタラのほかボンモー、キャロルハウス、エリシオ、マリエンバードが再輸出された。トピオはもっぱら三冠馬ミスターシービーの母の父として名を残すにとどまっている。

2006年にディープインパクトが挑戦した際には日本の放送史上初めて、地上波での海外競馬の生中継がNHKによって行われた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



2011年 凱旋門賞 デインドリーム ナカヤマフェスタ ヒルノダムール

2011年 凱旋門賞 デインドリーム ナカヤマフェスタ ヒルノダムール



勝ち馬 デインドリーム
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



 | 名馬列伝~動画~ 競馬の名動画まとめtopへ戻る |  次のページ»

全ての記事を表示する


3冠馬動画 (4)
オルフェーヴル 3冠動画 (1)
競走馬別動画 (90)
サイレンススズカ動画 (7)
ディープインパクト動画 (15)
トウカイテイオー動画 (13)
エアグルーヴ動画 (11)
タイキシャトル動画 (6)
サクラバクシンオー動画 (8)
ミホノブルボン動画 (10)
エルコンドルパサー動画 (8)
フサイチコンコルド動画 (2)
キングカメハメハ動画 (5)
クロフネ動画 (5)
外国馬動画一覧 (10)
デインドリーム動画 (5)
ロケットマン動画 (3)
スノーフェアリー動画 (2)
レース動画 (73)
スプリンターズステークス動画 (13)
秋華賞動画 (9)
菊花賞動画 (15)
天皇賞秋動画 (18)
エリザベス女王杯動画 (9)
凱旋門賞動画 (9)
2011 JRA CM 動画 (11)
競馬予想サイト登録レビュー (1)
競馬ニュース (2457)
競馬用語 (26)
血統関連 (10)
レース関連 (12)
走法 脚質 (3)
未分類 (0)
名馬ランキング (2)




名馬グッズはこちら

名馬列伝~動画~

Author:名馬列伝~動画~
名馬の動画まとめブログ