名馬列伝~動画~ 競馬の名動画まとめ > CATEGORY - 2011 JRA CM 動画

JRA 2011年 CM 有馬記念 オグリキャップ動画

JRA 2011年 CM 有馬記念 オグリキャップ




1990年 有馬記念 オグリキャップ


にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



JRA 2011年 CM ジャパンカップ エルコンドルパサー

JRA 2011年 CM ジャパンカップ エルコンドルパサー




1998年 ジャパンカップ エルコンドルパサー



タイム 2:25.9

エルコンドルパサー ジャパンカップ説明(wikiより転載)
毎日王冠後、マイルチャンピオンシップとジャパンカップのどちらに出走するかということで注目された。その際、馬主が調教師に「ジャパンカップに出走したい。マイルチャンピオンシップなら勝てるかもしれないのに、負けに行くようで悪いね」と述べたところ、調教師の二ノ宮からは「いや、こっちでも勝っちゃいますからいいですよ」と返ってきたらしい。こうしてジャパンカップに出走。当時は血統背景や戦歴から距離適性はマイルから中距離までという見方が一般的で、2400mという距離に対する不安から3番人気に留まったものの、レースでは抜群のスタートから4番手を進み、直線持ったまま先頭に立つという力強い競馬で2着エアグルーヴに2馬身半差の快勝を収めた。これはジャパンカップにおける最大着差(当時)であり、また日本の3歳(旧4歳)馬がジャパンカップを制するのも初めてである。同期の日本ダービー優勝馬スペシャルウィークが3着だったため、前走でグラスワンダーに先着したこともあり、世代最強馬との評価を得た。年度代表馬は逃すものの、この年の二冠馬セイウンスカイを抑えこの年の最優秀4歳牡馬に選ばれた。

なお、この最優秀4歳牡馬選出について、皐月賞、菊花賞という伝統と権威あるクラシック二冠を制したセイウンスカイを差し置いて、エルコンドルパサーが選出されるとは如何なものかという声もあった。これに関するエピソードとして、杉本清は「これではクラシックとは一体何なのかと言われてしまう」とドリーム競馬内で嘆いた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



JRA 2011年 CM 動画まとめ

JRA 2011年 CM 皐月賞 ミホノブルボン動画

JRA 2011年 CM 天皇賞(春) メジロマックイーン動画

JRA 2011年 CM 日本ダービー トウカイテイオー動画

JRA 2011年 CM 安田記念 タイキシャトル動画

JRA 2011年 CM 宝塚記念 サイレンススズカ動画

JRA 2011年 CM スプリンターズステークス サクラバクシンオー動画 (予想)

JRA 2011年 CM 菊花賞 ナリタブライアン動画

JRA 2011年 CM 天皇賞(秋) スペシャルウィーク動画

JRA 2011年 CM ジャパンカップ エルコンドルパサー
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



JRA 2011年 CM 天皇賞(秋) スペシャルウィーク動画

JRA 2011年 CM 天皇賞(秋) スペシャルウィーク




1999年 天皇賞(秋) スペシャルウィーク



タイム R1:58.0

スペシャルウィーク 1999年説明(wikiより転載)
年明けに馬主権利の半分が社台グループに4億5000万円で譲渡される[8]。緒戦のアメリカジョッキークラブカップを3馬身差で勝利し、阪神大賞典では昨年の天皇賞(春)に勝ったメジロブライトを破った。天皇賞(春)でも直線でメジロブライトの追撃を1/2馬身抑えて勝利した。

陣営は年内引退を発表。また凱旋門賞挑戦プランも掲げられ、その壮行レースとして第40回宝塚記念に出走した。同期のグラスワンダーとの初顔合わせとなったこのレースはスペシャルウィークをグラスワンダーが後方からマークするという展開で進み、直線でいったんは先頭に立つものの終始スペシャルウィークをマークしていたグラスワンダーに交わされ2着。3馬身差の完敗であった。このときの武豊と的場均の駆け引きは、競馬史上屈指の頭脳戦と言われている[要出典]。この敗戦により凱旋門賞挑戦は白紙撤回されることとなった。

秋初戦の京都大賞典では全く伸びず7着。このころから調教で動かなくなり次走の天皇賞(秋)でも直前の調教では500万条件の馬に負けた。レース当日の馬体重は前走から16キログラム減の470キログラムだったが、馬体重が大幅マイナスになったのは、「ダービー時の体重(468キログラム)まで近づければ、本来の走りを取り戻すかもしれない。」と考えた陣営が、体を絞ったためであった。レースでは、道中は後方につけて、直線に入ると末脚を披露しステイゴールドをクビ差抑えてレースレコードで勝利、タマモクロスに続く2頭目の天皇賞春秋連覇を達成した。続くジャパンカップでも凱旋門賞でエルコンドルパサーを破って勝利したモンジューなどの海外から参戦した馬を相手に優勝した。

引退レースとなった第44回有馬記念では、最後方の位置取りから同じく後方に控えたグラスワンダーをマークするという、宝塚記念とは逆の形の作戦を取った。前半1000メートルの通過タイムが64〜65秒という極端なスローペースとなったが、最後の直線で溜まった末脚を出し、一気にグラスワンダーを捉えた地点がゴールであった。体勢はスペシャルウィークが有利であり、勝利を確信した武豊はウイニングランを行った。しかし写真判定の結果、首の上げ下げの差でわずか4センチメートル差で2着に敗れていたことが判明。レース後、武豊は「競馬に勝って勝負に負けたという感じです」と答えた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



JRA 2011年 CM 菊花賞 ナリタブライアン動画

JRA 2011年 CM 菊花賞 ナリタブライアン




1994年 菊花賞 ナリタブライアン



タイム 3:04.6

ナリタブライアン 4歳時説明(wikiより転載)
4歳(1994年)
4歳時となったナリタブライアンの緒戦には、東京優駿(日本ダービー)を見据え東京競馬場のコースを経験させておこうという大久保の意向により、1994年2月14日の共同通信杯4歳ステークスが選ばれた[13]。レースでは馬群の中ほどに控え、最後の直線入り口で早くも先頭に並びかけるとそのまま抜け出して優勝した。なお前日には兄のビワハヤヒデが京都記念を優勝しており、兄弟による連日の重賞制覇となった(共同通信杯4歳ステークスは本来京都記念と同じ日に行われる予定であったが、積雪によって施行日が1日順延したため、兄弟による同日重賞制覇とはならなかった)[14][15]。

共同通信杯の後、大久保はクラシック第一戦の皐月賞に向けスプリングステークスを経由して出走することを決定。この出走は前述のように気性面の問題に対処するためのものであった。レースでは第3コーナーで最後方からまくりをかけ優勝した。この時点で中央競馬クラシック三冠の可能性が取りざたされるようになり[16]、皐月賞では圧倒的な1番人気に支持された。同レースではゴール前200mの地点から抜け出すと、中山競馬場芝2000mのコースレコードを破る走破タイムで優勝し、5連勝を達成するとともにクラシック一冠を獲得した[† 5]。(スプリングステークスおよび皐月賞に関する詳細については第54回皐月賞を参照)

続く東京優駿では皐月賞の内容がファンによって高く評価され、1番人気に支持された。同レースでは直線の長い東京競馬場でありながら、まくりをかけながらも出走馬の中で最も速い上がりを繰り出して優勝。クラシック二冠を達成した。レース後、野平祐二はナリタブライアンを自身が管理したシンボリルドルフと比較し、「これからいろいろあるだろうが、現時点ではブライアンが上かな」と評した[17][18][16](ただし野平は股関節炎を発症した後のナリタブライアンのレースを見て、「ルドルフを超えたかな、と思った時もありました」「あらためて、シンボリルドルフという馬の真価が、わかるような気がします」と評価を改めている[19])。(レースに関する詳細については第61回東京優駿を参照)

東京優駿の後、夏場は札幌・函館の両競馬場において調整された。これは避暑を行うとともに厩舎スタッフが直接調整を行うための措置であった。通常、出走予定のない競走馬に両競馬場内の馬房が与えられることはないが、ナリタブライアンの実績が考慮され、特例で許可された[20]。9月4日の昼休みには函館競馬場内のパドックにおいてファンへの披露が行われた[21][22]。北海道に滞在中、ナリタブライアンは大久保が「一時は菊花賞を回避することも考えた」と振り返るほど体調を崩し、調整に大幅な遅れが生じた[23]。

ナリタブライアンの秋緒戦には菊花賞トライアル競走の京都新聞杯が選択された。ナリタブライアンは単勝支持率77.8%、単勝オッズ1.0倍の1番人気に支持されたが、北海道から栗東トレーニングセンターへ戻った後、それほど強い調教が課されていなかったことから体調面を懸念する声もあり、「ナリタブライアンが負けるとすればこのレース」とも言われた[24]。レースでは最後の直線で一時先頭に立つも内から伸びてきたスターマンに競り負けて2着に敗れ、懸念が的中する形となった。しかし菊花賞では、京都新聞杯出走後ナリタブライアンの体調は上向いたと判断され、クラシック三冠達成への期待も相まって1番人気に支持された。レースでは、早めに抜け出すと後続を突き放し、芝状態は稍重だったにも関わらず兄ビワハヤヒデが前年にマークしたレースレコードを更新する走破タイムで優勝し、日本競馬史上5頭目となるクラシック三冠を達成した。菊花賞でのナリタブライアンのレースぶりについて武豊は、「まず2000メートルの競馬を走って勝って、そのまま別のメンバーと1000メートルの競馬をやってブッちぎったようなもの」と評している[25]。(京都新聞杯および菊花賞に関する詳細については第55回菊花賞を参照)。

古馬との初対戦となった有馬記念では圧倒的な1番人気に支持された。その有馬記念では、4コーナーで早くも先頭に立つと、そのまま突き抜けて優勝(レースに関する詳細については第39回有馬記念を参照)。1994年の通算成績を7戦6勝・GI4勝とし、同年のJRA賞年度代表馬及び最優秀4歳牡馬に選ばれた。年度代表馬選考において、投票総数172票のうち171票を獲得して選出されたが、1票のみノースフライトに投票されたため満票は逃した[26]。最優秀4歳牡馬については、満票で選出された[27]。年間総収得賞金は、史上最高額となる7億1280万2000円であった[27]。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



 | 名馬列伝~動画~ 競馬の名動画まとめtopへ戻る |  次のページ»

全ての記事を表示する


3冠馬動画 (4)
オルフェーヴル 3冠動画 (1)
競走馬別動画 (90)
サイレンススズカ動画 (7)
ディープインパクト動画 (15)
トウカイテイオー動画 (13)
エアグルーヴ動画 (11)
タイキシャトル動画 (6)
サクラバクシンオー動画 (8)
ミホノブルボン動画 (10)
エルコンドルパサー動画 (8)
フサイチコンコルド動画 (2)
キングカメハメハ動画 (5)
クロフネ動画 (5)
外国馬動画一覧 (10)
デインドリーム動画 (5)
ロケットマン動画 (3)
スノーフェアリー動画 (2)
レース動画 (73)
スプリンターズステークス動画 (13)
秋華賞動画 (9)
菊花賞動画 (15)
天皇賞秋動画 (18)
エリザベス女王杯動画 (9)
凱旋門賞動画 (9)
2011 JRA CM 動画 (11)
競馬予想サイト登録レビュー (1)
競馬ニュース (2338)
競馬用語 (26)
血統関連 (10)
レース関連 (12)
走法 脚質 (3)
未分類 (0)
名馬ランキング (2)




名馬グッズはこちら

名馬列伝~動画~

Author:名馬列伝~動画~
名馬の動画まとめブログ