FC2ブログ


JRA 2011年 CM 天皇賞(秋) スペシャルウィーク動画

JRA 2011年 CM 天皇賞(秋) スペシャルウィーク




1999年 天皇賞(秋) スペシャルウィーク



タイム R1:58.0

スペシャルウィーク 1999年説明(wikiより転載)
年明けに馬主権利の半分が社台グループに4億5000万円で譲渡される[8]。緒戦のアメリカジョッキークラブカップを3馬身差で勝利し、阪神大賞典では昨年の天皇賞(春)に勝ったメジロブライトを破った。天皇賞(春)でも直線でメジロブライトの追撃を1/2馬身抑えて勝利した。

陣営は年内引退を発表。また凱旋門賞挑戦プランも掲げられ、その壮行レースとして第40回宝塚記念に出走した。同期のグラスワンダーとの初顔合わせとなったこのレースはスペシャルウィークをグラスワンダーが後方からマークするという展開で進み、直線でいったんは先頭に立つものの終始スペシャルウィークをマークしていたグラスワンダーに交わされ2着。3馬身差の完敗であった。このときの武豊と的場均の駆け引きは、競馬史上屈指の頭脳戦と言われている[要出典]。この敗戦により凱旋門賞挑戦は白紙撤回されることとなった。

秋初戦の京都大賞典では全く伸びず7着。このころから調教で動かなくなり次走の天皇賞(秋)でも直前の調教では500万条件の馬に負けた。レース当日の馬体重は前走から16キログラム減の470キログラムだったが、馬体重が大幅マイナスになったのは、「ダービー時の体重(468キログラム)まで近づければ、本来の走りを取り戻すかもしれない。」と考えた陣営が、体を絞ったためであった。レースでは、道中は後方につけて、直線に入ると末脚を披露しステイゴールドをクビ差抑えてレースレコードで勝利、タマモクロスに続く2頭目の天皇賞春秋連覇を達成した。続くジャパンカップでも凱旋門賞でエルコンドルパサーを破って勝利したモンジューなどの海外から参戦した馬を相手に優勝した。

引退レースとなった第44回有馬記念では、最後方の位置取りから同じく後方に控えたグラスワンダーをマークするという、宝塚記念とは逆の形の作戦を取った。前半1000メートルの通過タイムが64〜65秒という極端なスローペースとなったが、最後の直線で溜まった末脚を出し、一気にグラスワンダーを捉えた地点がゴールであった。体勢はスペシャルウィークが有利であり、勝利を確信した武豊はウイニングランを行った。しかし写真判定の結果、首の上げ下げの差でわずか4センチメートル差で2着に敗れていたことが判明。レース後、武豊は「競馬に勝って勝負に負けたという感じです」と答えた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2008年 天皇賞秋 ウォッカ

2008年 天皇賞秋 ウォッカ



タイム R1:57.2

ウォッカ天皇賞秋説明(wikiより転載)
ライバル・ダイワスカーレットは単騎で逃げ、ウオッカはディープスカイをマークする形でレースを進め、直線に入り残り300メートルからディープスカイとともにダイワスカーレットに並びかける。ゴール前は2頭並んでの叩き合いとなり、一時は先頭に立つも再びダイワスカーレットが差し返し2頭並んでゴールイン。15分に及ぶ写真判定の末、2cmという僅差で勝利した。また、勝ちタイムは1分57秒2とレコード決着となった(レース詳細は第138回天皇賞を参照)。東京優駿を制した牝馬が天皇賞を制したのはヒサトモ(第6回東京優駿、第3回帝室御賞典)以来である。また、牝馬による牡馬混合GI3勝目となりこれも過去最多勝利数となった(その後、5勝にまで記録を伸ばす)。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



2007年 天皇賞秋 メイショウサムソン

2007年 天皇賞秋 メイショウサムソン



タイム 1.58.4

メイショウサムソン天皇賞秋説明(wikiより転載)
メイショウサムソンはその血統(後述)から凱旋門賞挑戦が検討されており、6月28日に凱旋門賞への挑戦が正式に決まった。鞍上は武豊に乗り替わる予定となっており7月31日に高橋成忠と武豊がシャンティー調教場を下見し、8月4日にリチャード・ギブソン厩舎への滞在が決まった。また、帯同馬には同じく高橋成忠厩舎所属の松本の所有馬で以前から調教パートナーを務めていたメイショウレッドが選ばれた。8月15日に出国検疫のために美浦トレーニングセンターに入厩し、8月22日8時15分発のJL6461便で成田空港から渡仏し、その後同調教場で調教を行い、前哨戦となるフォワ賞(G2)への出走も視野に入れていた。

8月17日に当馬が馬インフルエンザに感染していたことが明らかになったものの、当初陣営は出走に前向きな姿勢だった。フランスギャロの対応次第で出走ができなくなったが、後日衛生条件をクリアすれば受け入れる態勢はあるとの報告があった。だが、翌8月18日に遠征を断念することが協議の結果明らかになり、8月26日に正式に断念することを高橋が発表した。なお、馬インフルエンザは後に陰性となったがしばらく美浦に滞在し、8月31日に栗東へ帰厩した。

秋のローテーションは秋古馬三冠レースに出走することが9月13日に発表され、前哨戦を使わず緒戦となる10月28日の第136回天皇賞(秋)に出走することになった。鞍上は断念された海外遠征と同様、武豊が3競走のすべてで騎乗することとなった。なお10月12日に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、120ポンドの評価を得て27位タイとなった。

そして迎えた天皇賞(秋)では4ヶ月ぶりの実戦ながら1番人気に支持され、アドマイヤムーンや前年の覇者・ダイワメジャーらを寄せ付けずに快勝した。これまで同馬はGI競走を僅差で勝ってきたが馬場状態が稍重ながら1分58秒4という極めて優秀なタイムであり、2着のアグネスアークに2馬身半差の着差をつけていることからGIレースでは初めて圧勝と言える内容であった。ただ、レースではコスモバルクとエイシンデピュティが大きく斜行しアドマイヤムーンやダイワメジャーらに致命的な不利を与えてしまったこともあり、有力馬に騎乗していた騎手からは不満の声が多く聞かれた(審議の結果、エイシンデピュティは降着となった)。調教師である高橋も「外の馬が変な形になっていて、勝つには勝ったけど後味の悪い感じもします」とコメントを出している。とはいえ、ロスの少ない内側を通っていたメイショウサムソンを外に持ち出していた馬はどの道差しきるのは難しかったとの声も多く、この勝利により勝ち抜け制度が廃止された1981年以降4頭目となる天皇賞春・秋の連覇を達成した。11月4日に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、天皇賞(秋)を制したことにより122ポンドの評価を得て17位タイとなり、先月より順位を上げた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



1999年 天皇賞秋 スペシャルウィーク

1999年 天皇賞秋 スペシャルウィーク



タイム R1:58.0

スペシャルウィーク1999年説明(wikiより転載)
年明けに馬主権利の半分が社台グループに4億5000万円で譲渡される。緒戦のアメリカジョッキークラブカップを3馬身差で勝利し、阪神大賞典では昨年の天皇賞(春)に勝ったメジロブライトを破った。天皇賞(春)でも直線でメジロブライトの追撃を1/2馬身抑えて勝利した。

陣営は年内引退を発表。また凱旋門賞挑戦プランも掲げられ、その壮行レースとして第40回宝塚記念に出走した。同期のグラスワンダーとの初顔合わせとなったこのレースはスペシャルウィークをグラスワンダーが後方からマークするという展開で進み、直線でいったんは先頭に立つものの終始スペシャルウィークをマークしていたグラスワンダーに交わされ2着。3馬身差の完敗であった。このときの武豊と的場均の駆け引きは、競馬史上屈指の頭脳戦と言われている[要出典]。この敗戦により凱旋門賞挑戦は白紙撤回されることとなった。

秋初戦の京都大賞典では全く伸びず7着。このころから調教で動かなくなり次走の天皇賞(秋)でも直前の調教では500万条件の馬に負けた。レース当日の馬体重は前走から16キログラム減の470キログラムだったが、馬体重が大幅マイナスになったのは、「ダービー時の体重(468キログラム)まで近づければ、本来の走りを取り戻すかもしれない。」と考えた陣営が、体を絞ったためであった。レースでは、道中は後方につけて、直線に入ると末脚を披露しステイゴールドをクビ差抑えてレースレコードで勝利、タマモクロスに続く2頭目の天皇賞春秋連覇を達成した。続くジャパンカップでも凱旋門賞でエルコンドルパサーを破って勝利したモンジューなどの海外から参戦した馬を相手に優勝した。

引退レースとなった第44回有馬記念では、最後方の位置取りから同じく後方に控えたグラスワンダーをマークするという、宝塚記念とは逆の形の作戦を取った。前半1000メートルの通過タイムが64〜65秒という極端なスローペースとなったが、最後の直線で溜まった末脚を出し、一気にグラスワンダーを捉えた地点がゴールであった。体勢はスペシャルウィークが有利であり、勝利を確信した武豊はウイニングランを行った。しかし写真判定の結果、首の上げ下げの差でわずか4センチメートル差で2着に敗れていたことが判明。レース後、武豊は「競馬に勝って勝負に負けたという感じです」と答えた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



1998年 天皇賞秋 オフサイドトラップ

1998年 天皇賞秋 オフサイドトラップ



タイム 1:59.3

オフサイドトラップ1998年時説明(wikiより転載)
8歳となった1998年に復帰したが、前回の復帰時と同様、勝ち切れないレースを続けた。これを受け、7月に出走した七夕賞から、従来の主戦騎手であった安田富男に代わり、関東のリーディングジョッキー・蛯名正義を鞍上に迎えた。従来先行策を取っていたオフサイドトラップは、この競走で後方待機策を採り、直線で逃げ粘るタイキフラッシュをハナ差捉えて優勝。3年5ヶ月振りの勝利を重賞初制覇で飾った。続く新潟記念では1番人気に支持されると、前走と同様の追い込みで重賞2連勝を遂げる。そして11月1日の天皇賞(秋)で、東京優駿以来4年5ヶ月振りとなるGI出走を迎えた。蛯名がステイゴールドに騎乗するため、本馬初騎乗の柴田善臣が騎手を務めた。

当日は生涯最高という好調で迎えていたが、重賞5つを含む6連勝を続けていたサイレンススズカが圧倒的な人気を集め、オフサイドトラップは6番人気であった。レースはサイレンススズカが後続を十数馬身引き離す大逃げを打っていたが、同馬は第3コーナーで故障を発生して競走を中止する。中団にいた柴田オフサイドトラップは、このアクシデントで大きく開いたコース内側から最短距離でコーナーを回り、直線で抜け出した。最後は追い込んだステイゴールドを1馬身余退け、念願のGIタイトルを獲得した。8歳馬による天皇賞制覇は史上初、同齢のGI級競走制覇の記録においても、スピードシンボリ(1970年有馬記念)以来、28年振りの快挙となった。柴田は優勝騎手インタビューにおいて、「数少ないオフサイドトラップファンの皆さん、応援ありがとうございました」とファンに呼びかけた。

年末にはグランプリ競走・有馬記念に出走して10着となり、これを最後に競走生活から退いた。
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ



 | 名馬列伝~動画~ 競馬の名動画まとめtopへ戻る |  次のページ»

全ての記事を表示する


3冠馬動画 (4)
オルフェーヴル 3冠動画 (1)
競走馬別動画 (90)
サイレンススズカ動画 (7)
ディープインパクト動画 (15)
トウカイテイオー動画 (13)
エアグルーヴ動画 (11)
タイキシャトル動画 (6)
サクラバクシンオー動画 (8)
ミホノブルボン動画 (10)
エルコンドルパサー動画 (8)
フサイチコンコルド動画 (2)
キングカメハメハ動画 (5)
クロフネ動画 (5)
外国馬動画一覧 (10)
デインドリーム動画 (5)
ロケットマン動画 (3)
スノーフェアリー動画 (2)
レース動画 (73)
スプリンターズステークス動画 (13)
秋華賞動画 (9)
菊花賞動画 (15)
天皇賞秋動画 (18)
エリザベス女王杯動画 (9)
凱旋門賞動画 (9)
2011 JRA CM 動画 (11)
競馬予想サイト登録レビュー (1)
競馬ニュース (2603)
競馬用語 (26)
血統関連 (10)
レース関連 (12)
走法 脚質 (3)
未分類 (0)
名馬ランキング (2)




名馬グッズはこちら

名馬列伝~動画~

Author:名馬列伝~動画~
名馬の動画まとめブログ